引っ越し準備

引越しが不安でうつに・・・育児や一人暮らしの引越しブルー解消方法

投稿日:

引越しを慣れていない人にとっては不安になってしまいがちな「引越し準備」。

転勤族の方は引越しになれているので段取りよく手続きや荷造りが可能ですが、慣れていない人がほとんどなので、どのようにしていったらいいかわからない人も多いと思います。

 

手続や荷造りが多ければ多い分引越し準備で疲れてしまうことが多く、引越し前や引越し後に不安からうつ病になってしまう人もいます。

 

そこで、実際に引越しについて不安を感じている人は、どのようなことで悩んでいるかについてご紹介していきたいと思います。

慣れない間は気が重いですが、少しでも前向きに取るだけで気持ちも楽になるので、不安を感じたときの参考にしていただけたらと思います。

 

引越しとうつの症状

先ほどもご紹介しましたが、実は引越しには不安を感じてしまう人が多く、最悪の場合、うつ病になってしまう人も多いとされています。

うつ病にまでならなくても不安に押しつぶされそうで、うつ病の一歩手前の状態になる人もたくさん存在し、悩んでいる方は年齢問わずいます。

 

しかし、この不安を除くためにはどの点で悩んでいるかを明確にする必要があるので、できれば自分の家族や友達などに引越しについての悩みを打ち明けることをおすすめします。

 

それこそ引越しになれている人が相談に乗ってくれることが一番いいのですが、そうでなくても聞いてもらえるだけで気持ちが楽になりやすく、相談で鬱を回避することができます。

 

もし体調が崩れた場合には引越しを中止するという方法や、病院に一度行くという手段をとることをおすすめします。

 

引越しの不安と育児

引越しの不安の中で育児について不安を抱えている人も多いです。

これは男性や女性でもそうですが、それこそ引越しが大変である以上に育児は大変です。

 

さらに新しい環境に変るということから育児のやり方、子供の心の変化生じるので、正直言えばさらに難しいです。

 

このような場合におすすめなのは、自分が悩んでいる時に相談に乗ってくれる人を作ることや、周りの人に甘えるすべを身につけることがおすすめです。

 

やはり引越しとなると最初は慣れていない地なので、上手いこと物事が進むことが少なく、疲れてしまいやすいです。

そのため、疲れている時に子供の育児となるとさらに負担が大きくなるので、先ほどの件ではないですが、引越し後の育児でさらに疲れてうつになる女性も多いです。

 

困っている場合は頼れる人を作ると助けてくれることが多いので、育児を一人で抱え込まないように周りを頼ることがおすすめです。

できれば旦那さんや奥さんがいる場合は大変だとは思いますが育児の協力を仰ぐようにしましょう。

 

特に女性の方は一人で抱え込んでしまう人も多いので、旦那さんが仕事で疲れていたとしても育児の相談・協力をお願いしても大丈夫だと思います。

男性は言われないと気付かない事も多いので、不安や疲れを感じた際には伝えましょう。

 

引越しの不安と一人暮らし

引越しでも初めての一人暮らしなどはかなり不安を感じる人もたくさんいます。

実家で過ごしている場合や、家族と離れて暮らすことで一人暮らしになると思いますが、一人暮らしは自分で家事もしないといけないので不安に感じることがほとんどです。

 

しかし、その不安に感じるようなことを基本的にみんなやっていることが多いので、無理をしない程度で暮らそうと前向きに考えることをおすすめします。

どうしても困った時は親や周りの人に頼ると助けてくれる場合が多いです。

 

引越しの不安を解消

引越しの前後では不安を感じる人が多いのですが、引越しの不安を解消する方法で一番いいのが自分の趣味を作ることです。

 

趣味に没頭してしまっては荷造りや手続きができない可能性があるので、没頭のし過ぎはだめですが、気持ちを落ち着かせる分には最大の方法と言えます。

 

さらに、友達や恋人、家族と連絡を取り合うだけでも不安は解消されやすく、気持ちも重くなりにくいので、不安を解消したい時には趣味を作るか、誰かと連絡を取り合うかがおすすめです。

 

引越し前の不安

次は引越し前の段階で不安な状態の人についてご紹介していきたいと思います。

引越しまでも考えすぎてしまい、ストレスが溜まってしまう人もいるので、爆発しないようにするのが最大のポイントと言えます。

 

引越し前のストレス

引越し前のストレスは荷造りや手続き、さらに日付設定を行うことで期限が迫っているという緊張感から、ストレスを感じてしまう人がたくさんいます。

 

ストレスが溜まっている場合、自分自身でストレス解消ができる場合には良いですが、ストレス解消法がわからない方はゆったりお風呂に入る時間を作る方法や、自分の好きなことをする時間を設けるのが一番のストレス解消法になりやすいです。

 

引越し当日に近づく前に、ある程度の荷造りや手続きを済ませておくとストレスも感じにくいので、早い段階から動ける場合には早く動くようにしましょう。

 

引越し前ブルー

マリッジブルーではないですが、引越し前にはブルーな気持ちになる人も多いです。

 

今まで住み慣れていた場所から新しい地に移るので、不安に感じてしまうことは多いと思いますが、ブルーの状態で居続けても道が切り開けることはあまりありません。

 

そのため、ブルーになっている状態では気持ちを落ち着かせるため、自分の好きな香りの空間を作るのがおすすめです。

SPONSORED LINK

【楽天:アロマポッド】

引越しが嫌になる

引越しの準備をしているとかなり疲れるので嫌になってしまう人もいます。

引越しが嫌になった場合は引越しに対して前向きでない場合が多いので、期限が迫っていない状態であれば、一旦気持ちを引越しから切り離すのがおすすめです。

 

というのも、嫌な状態で物事を進めてもさらに嫌になるだけで、良いような結果に導けることは基本的あまりないです。

 

そのため、嫌に感じた場合には一旦引越しの事を忘れて、ストレス発散や自分がこれからやりたい事について考えると気持ちが前に向きやすいです。

 

引越し後が寂しい

引越し前には不安に感じる人が多いのですが、引越し後には寂しい状態に陥ってしまう人もいます。

特に意外と男性がこの寂しい状況になりやすく、自分が引越しをしたい気持ちが強い人でない限り寂しい気持ちが続く人が多いです。

 

引越し後のさびしい状態の気持ちについて、次はご紹介していきたいと思います。

 

引越しブルー:一人暮らし

引越し後に一人暮らしを始めてする人は、引越し前にも不安に感じる人も多いですが、引越し後に実際にブルーな状況になる人が多いです。

この一人暮らしの時にブルーになった場合は、時間が解決してくれることが多いのですが、極力無理をしない方がいいです。

 

というのも、やはり一人暮らしは環境が大きく変わるので、最初は自分がやりたいことが出来て満足かもしれませんが、それも少し日にちが経つと尽きてしまいやすいです。

そのような時にブルーな状態になりやすいのですが、一人で出来ることを見つけるのがおすすめです。

 

あんまり家を出たくない方などは漫画や本などを読み、環境にゆっくりなれる方法や、運動が好きな方は周りにジムやスポーツ・ジョギングができる場所を探すと趣味を見つけることができやすいです。

 

最初は慣れない事ばかりだと思いますが、その気持ちは最初だけなので、無理せずゆっくり環境に慣れていくようにしましょう。

 

引越しブルー:同棲

引越し後に同棲を始める人もブルーになりやすいです。

同棲では所謂他人と他人が一緒に暮らすので、ぶつかってしまうことがあります。

 

これはいくら好き同士の恋人関係であっても生じやすく、引越しで初めて同棲する場合には普段相手の見えなかった部分が見えるので、不満に感じてしまいやすいです。

このような場合はできれば相談しあうことが理想的なのですが、それが難しい場合は引越し後に共通の趣味を作るのがおすすめです。

 

二人ともなれない環境での暮らしなので、ぶつかることも多いですが、お互いの共通の趣味を通してなお直りをする事も可能になるので、破局や大喧嘩をしにくくなります。

 

引越しで涙が出る

引越し後に涙が出るのは、どちらかというとやはり女性に多いです。

引越し後に涙が出る状態は不安が最大限に迫っている状態で、心が耐えきれなくなっているサインでもあります。

 

そのような場合はできれば、友達や家族に電話すると気持ちが落ち着きやすいです。

 

涙が自然と出てきてネガティブ状態の時に物事を行ってもいい結果にはなりにくいので、まずは心を落ち着かせることを優先にするといいでしょう。

 

引越しして寂しい:実家の思い出

引越し後に実家の事を思い浮かべる場合は、やはり実家の家族に連絡するのがおすすめです。

実家の思い出を思い浮かべるということは、実家に対して良い思い出が残っている証拠で、家族から愛されてきた証拠でもあります。

 

そのような時自分の実家の家族の人の声を聴くだけで最初は涙が出るかもしれませんが、次第に気分が落ち着くので、前に向かって気持ちが進み始める可能性が高いです。

 

引越して前の家に戻りたい

引越し後に前の家に戻りたいと感じる人は実は多いです。

やはり慣れていない土地では不安やストレスが溜まりやすく、現状が辛い状態になりやすいです。

 

しかし、できれば2.3か月は頑張って住んでみることをおすすめします。

3か月頑張れれば5か月7か月と頑張れる可能性が高く、次第と新しい土地に馴染める可能性があります。

 

それでもダメな場合は環境があっていない可能性もあるので、誰かに一度相談してみるのがいいでしょう。

 

友達が引越して寂しい

自分ではなく、自分の親しかった友達が引越しした場合に寂しいと感じる人はかなり多いです。

転校や転勤でもあることなのですが、自分の親しかった人は離れてしまうということは人生の中で0ということはありません。

 

しかし、この点においては時間が解決してくれるのですが、絶対会えなくなるものではないので安心していただけたらと思います。

 

友達同士で何年か離れ離れになることはよくあり、自分達がしっかりと余裕ができ、自立できた状態になると再開できる可能性が高いです。

どうしても寂しい場合は、友達の連絡先を聞いて連絡を頻繁に取り合うようにしましょう。

 

隣人が引越して寂しい

隣人が引越しをして寂しくなる人もいます。

この点においては先ほどの友達の点と同じで、できれば隣人の連絡先を聞いて、連絡を取り合うのがおすすめです。

 

「まとめ」

引越しの不安や寂しい気持ちについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

 

引越しはストレスが溜まりやすく慣れるまで気持ちが一杯一杯になってしまいがちですが、人間は強いもので時間が経てば次第に慣れてきます。

 

鬱になるのが一番危ない状態なので、気持ちや体に限界が来そうな場合は極力周りの人に頼るようにしましょう。

見積もりランキング

見積もりランキング

お部屋探し

お部屋探し
引越し見積もりサイトはここで決まり!

-引っ越し準備

Copyright© 家族の引越しNAVI , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.