引っ越し準備

引越しは夜になるけど大丈夫?夜中は苦情の元、安くても注意が必要

投稿日:

SPONSORED LINK

普段引越しといえば、ほとんどの方が朝から昼にかけてや、昼から夕方にかけて行うことが多いと思いますが、中には仕事や用事が忙しくてこのような時間帯に引越しをしたくてもできない人も多いと思います。

 

できればやはり朝や昼、最悪夕方までには済ませてゆっくり新しい家で落ち着きたいものですが、順調にいかず、夜に止む負えず引越しをする人は多いです。

そこで、実際に夜に引越しをする場合はどのようなことに気を付けたらいいのか、夜の引越しは可能なのかについてご紹介していきたいと思います。

 

引越しの常識的な時間は何時

引越しといえば、先ほども挙げたように、日中の中でも比較的早い時間に行います。

朝でもやはり9時ごろに行うのが好ましく、これより早い段階では多少嫌がられてしまう可能性が高いです。

 

9時以降からお昼にかけては全く問題ないのですが、多くの方が気になるのが夕方過ぎは何時まで大丈夫なのかだと思います。

常識的な時間帯は次の通りになっています。

 

引越しは夜の何時までなら大丈夫?

引越しが何時まで大丈夫なのかというと、やはりできれば早ければ早いほうがいいです。

一般的には19時までに引越しを済ませておくのが理想だといわれていますが、夫婦共働きの場合や、仕事が大変で引越し準備に手間取ってしまい、この19時より遅くなってしまう人も実際には多いです。

 

それでも、できれば20時までには引越しを終わらせるのが好ましいです。

これより遅くなる場合は周りの人に迷惑なので、先に近隣の人に挨拶回り

を行い、近隣の了承を得て行うのが好ましいです。

 

引越しが夕方・19時ぐらいから開始は

引越しで夕方・19時くらいに終われば好ましいのですが、19時から始めてしまう人もいると思います。

このような場合、引越しのかかる時間を荷降ろしや移動などを考えて2時間と設定すると、21時までかかってしまう計算になります。

 

最近では24時間営業のところが増えてきたので、夜間に出かけることも多くなった時代にはなりましたが、普通に考えてやはり家の近くが21時まで大きな音、声がしていたらいやな気分になりますよね。

そのようなことがないように、やはり近隣の挨拶は重要と言えます。

 

引越しが夜中だと

引越しの中でも夜、夜中に引越しを行わないといけない場合もあるかと思います。

このような場合は絶対といっていいほど、近隣への挨拶は重要です。

 

夜中に引越しといえば、それでなくてもあまりイメージが良くなく、世間的には「夜逃げ」のイメージがついてしまいやすいです。

そのため、常識的な配慮の時間を超えて引越しを行う場合には先に近隣の人の了承を得るか、先に挨拶でご迷惑がかかることを伝えておくようにしましょう。

 

夜間の引越しの注意

さらに、夜間の引越しで気を付けないといけないのが準備です。

夜間帯といえば、やはり融通が利きにくい時間帯でもあるので、様々なイレギュラーが起こった場合は瞬時の対応が取れにくい時間帯でもあります。

夜に引越しをする場合には次のようなことに注意しておきましょう。

 

◇管理人、大家から部屋の鍵を先に預かる

この点は当然といえば、当然なのですが、部屋の鍵がなければ部屋に物を運ぶ以前に部屋に入ることもできません。

さらに、夜遅い時間帯に鍵を取りに行ってもあまりいいイメージを持たれにくいので、事前にできるだけ鍵は受け取るようにしましょう。

 

◇電気の開通

これも非常に重要なことなのですが、夜に引越しを行うという事は当然明かりがほぼない状態での引越しになるため、部屋に荷物を運ぶためにも電気は必要です。

電気を先に通しておかなければ、場合によっては途中で引越しを断念せざる負えない状況になりやすいです。

 

荷物を玄関先までで下ろしたら大丈夫なのではと思ってしまいがちな人も多いですが、引越しでは家具家電など重たいものも運ぶため、やはり電機の開通は必須といっても過言ではないです。

 

◇下見

この下見はなぜ必要なのかというと、やはり夜の引越しは危ないからです。

それでなくても夜間では周りだけでなく、足元も見にくい状況となっているため、少しでも自分が見た景色、知っている場所を増やしておかなければ大変危険です。

 

夜に引越しをしていて荷物を落とし、バラバラになってしまうと家の荷物が汚れるだけでなく、引越しの時間も長引いてしまうので、やはり下見は重要と言えます。

 

夜間の引越しに「うるさい」と苦情が来たら

夜間の引越しを行い、うるさいと苦情が来たら素直に謝るようにしましょう。

やはり夜間だと周りが静かなため、些細な音でも気になってしまう人が多いです。

 

もちろん大きな声や、大きな物音を立てれば苦情が来る確率は上がるのですが、それでない場合にうるさいと苦情が来た場合は近隣の人が問題があるか、自分の配慮不足というところが伺えます。

 

どちらかというと、夜間に引越しを行う人のほうが常識的にも配慮不足ととられる場合が多いので、苦情が来る前にも引越しを始める前に一度挨拶に行くのが好ましいです。

 

夜間の引越しはできるだけ迅速に行うように計画を立てて行いましょう。

 

夜の引越しと料金

次は夜の引越し料金についてご紹介したいと思います。

引越しは基本的に人によって荷物の量が大きく異なるので、相場というものがあまりありません。

それこそ範囲、量指定の引越しであっても引越しの距離によっては加算される料金もあるので、料金は人のよってそれぞれです。

 

しかし、引越しは意外とお金がかかってしまいやすいもので、できれば費用を抑えたい人も多いと思います。

夜と深夜帯の安くなる方法についてご紹介します。

 

引越しは夜が安い

夜の場合は引越しは残念ながらお昼や朝、夕方にする引越しよりも基本的1万円から3万円前後は高くなる可能性が高いです。

 

しかし、この高くなる場合でも引越し業者によっては雲泥の差ぐらいの料金の開きができやすいので、夜の引越しを少しでも安いものにしようと思った場合はできればたくさんの引越し業者から見積もりを取ったほうがいいです。

 

朝や昼の時間帯でも大きな違いが出るのにもかかわらず、夜の時間帯ならばさらに料金の差が出ます。

そのため、一括見積サイトなどを利用して多数の引越し業者から見積もりを取り、料金が安いところと、対応がいいところを選ぶのが好ましいと言えます。

 

引越しは深夜が安い?

ほとんどの引越し業者はスタッフの時間外手当などを出さないといけないので、深夜帯での引越しはあまり行っていません。

そのため、深夜帯の引越しは比較的高くなってしまいがちなのですが、深夜での引越しを安くしたい場合は極力荷物を減らすことです。

 

というのも、人や時間、手間が一番費用が掛かってしまいやすいところなのですが、先に自分で出来るだけ荷物を運び終わった状態であれば時間もかからないですし、荷物の量が少ないという事で深夜での引越しでも料金を比較的安くすることができます。

 

このような点から考えても、メリットはかなり大きいので、深夜帯に引越しをしたい場合は空いた時間で極力荷物を自分で運んでしまうのがおすすめです。

 

「まとめ」

夜の引越しについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

夜の引越しといえば抵抗が多いかもしれませんが、常識範囲内の時間であれば夜遅い時間帯に引越しをする場合もたくさんあります。

 

周りの近隣の事を考えてしっかりと挨拶を済ませれば、嫌がられる可能性も少ないので、夜の時間帯に引越しをする場合は挨拶もしっかりとするようにしましょう。

挨拶の際には菓子折りなど挨拶の手土産を持参して訪れるのがおすすめです。

見積もりランキング

見積もりランキング

お部屋探し

お部屋探し
引越し見積もりサイトはここで決まり!

-引っ越し準備

Copyright© 家族の引越しNAVI , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.