お部屋探し 子供の一人暮らし

キャッシュバック賃貸の評判や口コミは?キャンペーンを賢く利用!

投稿日:

SPONSORED LINK

賃貸と一言で言っても家賃が安い物件や公共交通機関が便利な物件まで様々な選択肢があります。

その中でも最近特に目立ってきているのが「キャッシュバック」制度です。

 

このキャッシュバックを取り入れている物件は「キャッシュバック賃貸」ということが多く、引越しの初期費用を抑えたいと考えている人にとってはかなりのプラスポイントともなります。

 

そこで、実際に全国のキャッシュバックができる賃貸の情報サイトでもあるキャッシュバック賃貸の評判や、キャッシュバック賃貸の実態と共にご紹介したいと思います。

 
キャッシュバック賃貸

キャッシュバック賃貸の評判は

キャッシュバック賃貸の評判についてですが、この評判については圧倒的に良いです!

 

引越しをしたことがある方ならご存知だと思いますが、これから住む場所の家賃を前払いしないといけない物件もあるだけでなく、敷金や礼金が多い所ならば、かなりの契約金を支払わないといけません。

また、引越し業者費用も荷物が多い人ならば10万円以上もかかる場合も多いので、少しでもお金が戻ってくるとなるとほとんどの方が嬉しいことでしょう。

 

キャッシュバック賃貸の情報サイトを利用してキャッシュバックキャンペーンを利用する場合には、仕組みを知っていないと振り込まれない場合が多いので、キャッシュバック賃貸サイトを利用する場合には、しっかりと内容を把握したうえで利用するようにしましょう。

 

キャッシュバック賃貸の口コミは

キャッシュバック賃貸の口コミとしては、先ほど評判でもご紹介したように、良い口コミが多いです。

最初は疑心暗鬼で利用する人が多いですが、実際に利用してキャッシュバックを受けると、初めてキャッシュバック賃貸の凄さを実感する人が多く、実際に利用した人の口コミでも本当にお金が戻ってきたいという口コミが非常に多いです。

 

サイトが見やすく、物件の情報がたくさん載っている

キャッシュバックされる金額がわかっているので良い

サイトに載っていない物件で祝い金が貰える

キャッシュバック賃貸での口コミは、他の賃貸情報サイトと比べるとかなりいいと言えます。

 

物件の写真表示が遅い

不動産屋への問い合わせがメールのみの対応

物件情報について問い合わせしても、時間がかかった

このような問題点も指摘されていますが、キャッシュバックを受けるために、直接不動産会社とやり取りせずキャッシュバック賃貸を通さないといけないので、仕方がないでしょう。

 

そもそもキャッシュバック賃貸とは

キャッシュバックというのは、不動産業者もよく行っているキャンペーンです。

 

まず物件の管理会社は、空室を埋めるために積極的に家主にキャッシュバックキャンペーンなどを持ち掛けます。

賃貸物件オーナー(家主)は、空室になるよりは広告費を払ってでも借主が見つかったが方が特になります。

例えば月10万円の物件が2か月空くと20万円の損失ですが、キャッシュバックキャンペーンに参加し、15万円のキャッシュバックを払ったとしても、20万円よりましなのです。

 

また不動産仲介業者も多額の広告費を払って、物件をお客に紹介しています。

このような広告料を払う代わりに、キャッシュバック賃貸に紹介してもらって、割安で物件紹介ができるようにもなるのです。

 

それらをとりまとめ、ウェブ上でキャッシュバックされる物件を紹介できるシステムを作り上げたのが、キャッシュバック賃貸なのです。

 

このようなキャッシュバック賃貸を利用することで、次のようなメリットがあります。

オーナー側では空室がなくなるので嬉しい状態

不動産業者も管理手数料が入るので嬉しい状態

借主もキャッシュバックキャンペーンを受けることができ、自分の希望する場所に住める

ということで、三者がWIN-WINの関係となるのです。

 

このようなことから最近では仲介不動産でもキャッシュバックキャンペーンを利用する所が多いです。

 

キャッシュバック賃貸のキャンペーン金額の差とは

賃貸のキャッシュバックキャンペーンは地域によってかなり大きな差があります。

最近では賃貸オーナーが増えすぎて入居者が増えず、借金だけが残っている状態が続いているとニュースなどでも報じられていますが、確かに入居率は昔と比べて悪くなっています。

 

キャッシュバック賃貸の例でご紹介すると、キャッシュバックキャンペーンが17万円もすることがありますが、家主にとってはそれでも得なのです。

毎月の家賃は13万などでしたら2か月も空けると26万円の損になりますが、17万円払ってでも契約できればその損失を抑えることができるのです。

 

しかし、いくらキャッシュバックキャンペーンを出していても空室が埋まらない所は存在し、そのような場所は家賃が下がるかキャッシュバックキャンペーンの金額が上がります。

 

このようなことからも、あまり住まないような場所や不人気物件は、キャッシュバックキャンペーンの金額が高い場合が多いです。

 

キャッシュバック賃貸からお金が振り込まれない?

キャッシュバック賃貸を利用してキャッシュバックキャンペーンを受けようとしたときの注意点としては、申請が必要になります。

 

キャッシュバック賃貸を利用したのにも関わらず、振り込まれなかったという口コミがありますが、それは申請をしていないからです。

 

キャッシュバック賃貸のサイトでは、キャンペーンの会員登録した後に自身で申請登録をする必要があります。

 

さらに、部屋を契約してから60日以内の申請でないと適用されないので、しっかりと内容を把握してから契約する必要があります。

振込の際にも2週間から1か月ほどかかる場合もありますので、比較的振り込まれるのは遅いです。

 

キャッシュバック賃貸は違法なの

キャッシュバックについては先ほども流れをご紹介しましたが、違法ではありません。

家主や不動産仲介業者から、広告料としてキャッシュバック賃貸にマージンが入りますので、その一部を借主に返還するというものです。

そのため、違法ではないので安心して利用していただけたらと思います。

 

キャッシュバック賃貸の仕組み

賃貸物件オーナーと仲介不動産、借主の関係についてご紹介しましたが、キャッシュバック賃貸サイトの仕組みも先ほどご紹介した一般的な不動産屋の仕組みと一緒です。

 

仲介不動産や家主がキャッシュバック賃貸にお金を払って、キャッシュバックキャンペーンができる状態になっていますので、誰も損をしない流れとなっています。

 

本来不動産の仲介業者は多額の広告費を払って、物件をお客に紹介しています。

それらの広告費を、キャッシュバック賃貸に支払うので、場合によっては広告費を安く抑えることができるシステムなのです。

 

また、家主は空室になるぐらいなら、身銭を切ってでも借主と契約できた方がよいので、キャッシュバックキャンペーンは強力な武器になるのです。

 

問題としては、この仲介不動産がキャッシュバック賃貸サイトにお金を払うために審査が生じるので、振込時間がかかるとされています。

 

キャッシュバック賃貸のビジネスモデルとは

キャッシュバック賃貸のような成約課金は、まさに理想のビジネスモデルとされています。

なぜこのような成約課金があまり出ていなかったのかというと、会社の方針なども多く存在し、実際に手を出すには難しい環境下にある所が多かったためとされています。

 

さらに、より多くの不動産屋との信頼を得てシステムを作っていかないといけないため、関係者同士での絆づくりもかなり大変な物だということは伺えます。

 

大手から子会社までの空き部屋などを埋めるためにキャッシュバック制度を利用するビジネスシステムは、まさにキャッシュバック賃貸が理想的なモデルと言えます。

 

「まとめ」

キャッシュバック賃貸についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

流れや仕組みを把握すれば全く怪しいものでないことが分かるかと思います。

 

最近は少子化ともあって入居者数が減少している傾向にあるので、今後はキャッシュバックの金額が上昇する可能性もあるかもしれません。

それこそ最初と比べたら金額は下がっていますが、需要はしっかりとあるので、今後の動きにも注目していただけたらと思います。

→ キャッシュバック賃貸を利用する

見積もりランキング

見積もりランキング

お部屋探し

お部屋探し
引越し見積もりサイトはここで決まり!

-お部屋探し, 子供の一人暮らし

Copyright© 家族の引越しNAVI , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.