引越しのシーズン・月

1月の引越し費用の家族・単身の相場。物件の家賃交渉は厳しい時期!

投稿日:

SPONSORED LINK

1月といえば新しい年を迎えたばかりで引越しも少なく、費用を安く抑えられる頃です。

ただ、もう少しで春の引っ越しシーズンである3月が間近であることから、賃貸物件の家賃相場は高くなる時期で、また価格交渉も難しくなってきます。

 

また、年の切り替わりということで、住民税や固定資産税、年末調整、確定申告などの税金も気になるところです。

 

そして、1月に引っ越しする場合の年賀状の住所もどうしたものか・・・。

 

年の境目の引越しをいうのは、結構気になることが多いので、詳しく見ていきましょう。

 

1月の引越し料金の相場は安い

1月は春の引越しシーズン前ということで、相場的には安いころになります。

 

1月の引越し料金の相場:家族の場合

2人家族:70,000円程度

3人家族:85,000円程度

4人家族:110,000円程度

5人家族:150,000円程度

 

1月の引越し料金の相場:単身の場合

通常期:4万2000円程度

 

同市内ぐらいの移動だと

通常期:3万7000円程度

 

1月の一人暮らしの引越しには単身パックというのがあり、お得な料金プランがありますので

引っ越し単身パック!賢い利用方法と引越業者比較を参考にしてください。

 

引越し料金を抑えて安くするコツは

週末を避ける

引っ越しといえばやはり仕事が休みの週末に行われがちですが、平日なら1万5000円ほど安くなることもあるそうです。

休日にしか時間がとれないという方でも、見積もりの時に引越しの候補日をいくつか出しておけば、その中で比較的に安い日取りを選ぶことも可能です。

 

午後便・フリー便を利用する

午後便:午後に引越しで、たいてい午前便の終了後に行われる引越しで、時間の確定はできない分午前便より割安になります。

フリー便:引っ越しの日にちだけ決めておき、引越し業者の都合に合わせて作業を始めるため、時間がずれ込む可能性が高いですが、その代わり午前便・午後便より割安になります。

 

 

安くしたいなら必ずやっておくべき相見積もり

引越し費用を安くするなら相見積もりが当たり前です。

しかしなかなか時間が取れなかったり、交渉が苦手という人いますので、そんな方には引越し見積もり一括サイトというのがあります。

 

自分で交渉しなくても、ネットで登録すれば複数業者からの見積もりが来て、安い引越し業者を選ぶことができます。

自分で交渉するのが苦手という人は使って損がないので、こちらを積極的に利用しましょう、

引越し見積もり一括サイトを使うメリットと、おすすめサイト比較を参考にしてください。

 

引越し費用を少しでも抑えたいという方は

すぐに削減!引っ越し費用を安くする12の具体的な方法をプロが伝授も参考にしてください。

 

1月の引越しに借りる賃貸物件:家賃交渉はできる?

引越しをする上で最初にしておかなければならないのがお部屋探しですが、1月の賃貸物件の家賃相場や家賃交渉はどうなのでしょうか。

 

不動産の賃貸営業をしている上でお答えしますと、家賃の相場も高くなっていく時期ですし、家賃の価格交渉ができる時期でもありません。

今から始まる2月~3月の賃貸需要が控えていますので、家主も価格交渉には乗り気ではありません。

ずっと決まっていない物件なら価格交渉は多少できるかもしれませんが、家主が強気になる時期ですのでまず交渉は無理と考えていた方がよいでしょう。

 

1月の引っ越しと税金

1月に引越しとなると新しい年を迎えるので、税金面で気になるところです。

住民税や固定資産税、年末調整や確定申告はどうなのでしょうか。

 

1月の引っ越しと住民税

これまでとは異なる市や区などに引越した場合に気になってくるのが住民税です。

住民税とは、都道府県民税」と「市区町村民税」を合わせたもので、総所得のうちに都道府県民税4%、市区町村民税6%が徴収されるもので、合計所得から所得控除を引いた額の10%を住民税として納めることになります。

 

住民税は、1月1日に住民票がある自治体から、前年の1月1日から12月31日までの1年間の所得に対して課税されますので、1月2日以降に引越しされた場合は、引越し後も以前住んでいた自治体から納付書が届いて支払うことになります。

役所へ転出・転入届の提出を行うと、自動的に切り替わり、翌年からは新し自治体から請求されることになります。

 

会社員は会社が処理し、毎月の給与から12分割で天引きされているので、引越ししたことを会社に伝えましょう。

 

1月に新築住宅に引っ越しすると固定資産税がお得!

家を建てたり購入した場合にかかってくるのが「固定資産税」です。

固定資産税がかかってくるかは、その建物が1月1日時点で完成(登記されている)しているかどうかになります。

 

なので、1月2日以降に登記を済ませてから引っ越しすると、次の年から固定資産税が発生することになり、この年の固定資産税はかかりません。

 

1月に引っ越し予定の場合の年末調整の住所は?

例として、2020年の1月に引越し予定の場合、2019年の年末調整は以下のようになります。

1月2日以降に引越し予定の場合は、引越し先住所が決まっていたとしても2019年分に今の住所を書きましょう。

 

2019年分には2枚ありますが、あくまで2020年の1月1日時点で、実際に住んでいるであろう住所を記載するのが原則です。

2019年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
2019年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

2020年来年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書には

新しい住所が決まっているのなら新しい住所を書いても問題ないでしょうが、来年の年末調整時に訂正できるので今の住所を書いても大丈夫です。

 

1月に引っ越した場合の確定申告の住所は?

1月に引っ越した場合、所得税の確定申告書は、提出時の納税地を所轄する税務署長に提出することになっています。

所得税は国の税金ですので、市区町村の住民税と異なり、あまり住む場所に関係ないようです。

国税庁:確定申告書の提出先(納税地)

 

1月の引越しに縁起の良い日・吉日は

引越しに向いている良い日とされている吉日は

天赦日(てんしゃにち、てんしゃび):天赦日は大安よりもさらに吉日の日とされ、引っ越しは天赦日にするのはお勧めです。

一粒万倍日:入籍や引っ越しといった「何か新しいことをはじめる日」として抜群に良い日とされています。

寅の日:金運上昇だけでなく、旅立ちにも良い日とされているので、引越しにおすすめです。

大安:「大安吉日」や「万事に進んでよし」「大いに安し」とされる日とされ、引越しにばっちりです。

仏滅:意外に知られていないのがこの仏滅で、縁起が悪いと思われがちですが、「仏滅=物滅」とされ「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」ことを指しており、引っ越しにはもってこいの日なのです。一般的には避けられる日なので、引越し料金が比較的安くなるメリットもあります!

 

引っ越しに良い吉日。引越しするならこの縁起日にで詳しく調べましょう。

 

1月に引っ越する場合の年賀状は

1月に引っ越しをすることが決まっている場合に気になるのが、引っ越し後に引っ越しの知らせを送るべきなのか、それとも年賀状に記載してもいいものなのか?

 

一般的な相手の場合、すでに新しい住所がわかっているのなら、年賀状の住所を新しいものにしておき、その横に小さく転居予告を書き添えて置くとよいでしょう。

転勤の場合の挨拶でしたら、ビジネスの相手には挨拶状で出すのが正式ですので、年賀状と別に出すようにしましょう。

 

引っ越しをした際の年賀状の例文

一般的な新居への転居の場合

1月に下記に転居いたします
お近くにお越しの際は.ぜひお立ち寄りください

新住所に引越しいたします
今年もどうぞ.よろしくお願いいたします

 

ビジネス向けの場合

1月に〇〇への勤務となり 下記住所に転居いたします。

お近くにお越しの際は.ぜひご連絡ください

1月中旬に〇〇勤務が決まり、下記住所に転居いたします。

今後ともよろしくお願いします

 

 

まとめ

以上1月の引越しについてでしたが、ここでもう一度おさらいしておきましょう。

 

1月の引越しは比較的安い

1月の引越しに家賃の相場や交渉は期待できない

1月に新築住宅に引っ越しすると固定資産税がお得!

1月に引っ越しする場合の年賀状は、住所を新しいものにしておき、その横に小さく転居予告を書き添えて置くとよい

 

引越し費用を少しでも抑えたいという方は

すぐに削減!引っ越し費用を安くする12の具体的な方法をプロが伝授も参考に

見積もりランキング

見積もりランキング

お部屋探し

お部屋探し
引越し見積もりサイトはここで決まり!

-引越しのシーズン・月

Copyright© 家族の引越しNAVI , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.