引っ越し準備 引越し見積もり

家族の引越しで、見積もり訪問してもらう際のコツや流れ

更新日:

SPONSORED LINK

引っ越しをする場合はまず皆さんが考えると思うのが、新居となる部屋探しと、実際自分の部屋を引っ越しさせようとする場合の費用だと思います。

他にも荷造りをしないといけないですし、役所に行って手続きもしないといけないのでとても大変です。

 

そんな中引っ越しの手伝いをしてもらうため、引っ越し業者を探すと思いますが、実際現地で見積もってくれる所と、電話やインターネットの登録での見積もりを出してくれる所に分かれます。

 

そのような中でも、現地に訪問しに来てもらって見積もりを出す場合、他業者なども相見積もりを取ったりする場合は時間調整や当日の流れなどもあり、初めての方はなかなかわからないと思います。

 

これから引っ越しを考えている人、引っ越しが決まっている人で、引っ越し業者を現地で訪問してもらって見積もりを取ってもらいたいと考えている人にぜひ参考にしていただけるよう、流れやコツについてご紹介していきます。

 

引っ越し業者の現地見積りの方法

引っ越し業者を現地見積もりをしてもらう方法はまず2種類あります。

電話連絡にて予定を組んでもらう場合と、インターネットで登録して電話連絡、メール連絡を受けて予定を組む方法があります。

 

電話連絡だとその場で概算の見積もりをあまり出さずに、現地見積もりの予定を組む形になります。

 

インターネットでの見積もりを行う場合、依頼する業者が決まっていたり、依頼する業者が少なかったりする場合は少しの登録の手間ですみます。

多数の業者に対して見積もりを依頼した場合は、見積もり一括サイトを利用するのがお手軽になります。

 

インターネットだけでの登録の場合、入力された情報だけでの金額しか出してもらえないので、実際どのくらいかかるかわかりません。

そのため、引っ越しをした時や当日になって金額が全然違ったというケースもあります。

 

やはり、一番頼りになるのが現地見積もりでの金額が正確なので、電話連絡やインターネットの連絡にて見積もり連絡を行う際、現地に訪問してもらうように日程を組みましょう。

 

家に訪問して見積もりを取ってもらうまでの流れ

次は家に訪問して見積もりを取ってもらうまでの大まかな流れについてご紹介したい思います。

何個か注意すべき点がありますのでぜひご参考ください。

 

引っ越し業者に連絡

引っ越し業者に見積もりを依頼する場合は電話連絡や、インターネットでの連絡となります。

しかし、ここでまず電話する前に考えて頂きたいのが、

「どの会社にするか?」

「複数の業者と比較するのか?」

「引っ越しで運んでもらう物はどれか」

をまとめることです。

 

まだ依頼する業者が決まっていない場合は業者選び、選定から始めることをお勧めします。

というのも、やはり引っ越し業者によって金額はもちろんサービスの内容が変わったり、口コミや評価も全然違ったりします。

 

それともう一つお勧めなのが、複数の業者に見積もりを取ってもらうことです。

相見積りのすごいところは、引っ越しの金額が2万円~4万円まで下がるところもあるので、業者選びはしっかり選びましょう。

引っ越し見積もり一括サイトを使うメリットと、おすすめサイト比較

 

日にちの設定

連絡をした後は次は連絡を待ちます。

業者によっては、連絡が早い所と遅い所がありますので注意しましょう。

 

この時に同日に相見積もりを出してもらう場合は、時間調整、スケジュールをしっかり組みましょう。

違う日に見積もりを取ってもらう場合は、同じ条件で見積もりを取ってもらう方がいいので出来るだけ現状維持で日にちも近いようにしましょう。

 

引っ越し業者も繁忙期がありますので、その時期に差し掛かると予定がなかなか組めなくなったりします。

そのため3月や4月、8月ごろはなるべく早く連絡するか、避けるようにしましょう。

 

見積もり当日の流れ

実際に来てもらった場合はまず挨拶をした後は打ち合わせをしましょう。

ここで確認をすることは次の通りです。

○引っ越し日の確認

○引っ越し先、新居の場所

○荷物の量

○家具、家電の梱包

○家具家電の取り付け

○梱包材の提供

○保険・保証

○引っ越し金額

○そのほかのサービス内容

上記の内容を打ち合わせにて確認するようにしましょう。

 

この内容を話し合って実際に荷物の量や、運んでもらう荷物、家具家電などを見てもらいます。

女性などで、男性にどうしても見られたくないようなものがある場合は、トイレやお風呂場に物を移動させるようにしたり、最初から運ばない物の部屋を作って、そこ以外を見てもらうようにしましょう。

 

そのようにすることによって自分のプライバシーなどを保護することができます。

これと同様に、引っ越し業者に頼まずに自分で運ぶ荷物がある場合は、同じように一室に場所を作ってまとめておくと、引っ越し業者に運んでもらう量も減るので金額が減る可能性があります。

 

家具、家電の梱包をしてから運んでくれる所が多いのですが、ここで気を付けて頂きたいのが取り付けをしてくれるのかどうかです。

 

引っ越し業者の中には家具、家電の分解、配送をしてくれる所がありますが、業者のサービス内容によって再度組み立てをしてくれる所や、組み立て、取り付けはせずに、配置だけで終わってしまうところがあります。

そのような事を確認していなく、実際配置だけで終わったという人も多いです。

 

そのため、取り付け、組み立てをしてくれるのかはしっかり確認をするようにしましょう。

この時に金額の話になったり、有料サービスだったりします。

 

最後には金額の話になると思います。

金額の話になる前にやっておいていただきたいのは事前に相場を調べておくことです。

最近ではインターネットでの入力をするだけで、概算の見積もりを出してくれる所も多いです。

何も知らない状態で金額を聞いただけでは、その金額が安いのか?高いのか?の判断も付きにくいのでしっかり相場は把握しておくようにしましょう。

 

他業者との相見積もりを同日に行なう場合の時間調整やコツ

他業者との相見積もりを同日に行う場合は、まず時間調整が大切です。

一社当たりの見積もり時間は30分から1時間半ほどです。

 

ここで注意していただきたいのが、かつかつのスケジュールにしない事です。

これは何故かというと、仮に1時間半ずつの予定を組んで、実際に1時間半かかった場合は間髪入れずに他業者の話を聞くことになります。

 

このような状態で話を聞いてしまった場合、会社ごとの魅力がごっちゃになってしまう場合が多いためです。

そのようなことからせっかく決めた業者でも、他業者と勘違いして違う内容と誤認している場合もあり、トラブルの原因になります。

 

どうしても会社の都合や、一身上の都合でスケジュールの予定を開けれない場合は、できるだけ数十分あけるか、話を聞いた時やパンフレットや資料から感じたことを、その場で書き込むようにしましょう。

そうすることによって勘違いのトラブルを避けることができます。

 

さらにお勧めなのが、相見積もりをする場合は即日に決めないようにしましょう。

なぜかというと、引っ越しの見積もりは最初にご紹介したように、業者によってサービス、金額が様々です。

 

そのため、すぐに決めてしまった場合、後から来た会社の方が魅力だった場合、決めた業者をキャンセルしないといけないためです。

どうしてもサービス内容を気に入った業者がある場合は、他者の金額の提示をして値段交渉をするのはありです。

ただ、「即日決定」によるメリットもありますので、そちらはこちらで紹介します。

 

 

引っ越し業者によって様々なポイントがあるので現地見積もりでは要チェック

引っ越しの見積もりをしてくれる場合、だいたい来るのが営業担当です。

もちろん会社によって成績、実績がほしいので押し売りをしてくる営業マンや、自分の業者を気に入った人のみ契約してほしい営業マンがいます。

 

そのため、営業は業者、会社の看板でもあるのでその対応によってしっかりしている会社かを見極めることもできるので、注意深く見て聞いていただいた方が引っ越しの際安心できるかと思います。

 

引っ越しは大変だとは思いますが、とても大切な事なのでなるべく現地見積もりをとるようにして、打ち合わせをしっかりしましょう。

見積もりランキング

見積もりランキング

お部屋探し

お部屋探し
引越し見積もりサイトはここで決まり!

-引っ越し準備, 引越し見積もり

Copyright© 家族の引越しNAVI , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.