引っ越しの雑学

引越しで疲れた場合には?ストレスでうつ病にもなるので心のケアを!

投稿日:

引越しと言えば人生においても数回しかないイベントなので、手続きの方法や、引越しの流れがわかりづらいでしょう。

さらに、引越しと言ってもまずはお部屋探しなども行わないといけないので、引越しと言っても大変な事が多いです。

そのような大変な引越しを行っているうちに、徐々に疲れてしまうという人も少なくないのです。

 

そこで、引越しをする際につかれた場合、どのような事をしていくのがおすすめなのかをご紹介したいと思います。

特に女性の方や一人暮らしで仕事が忙しい男性の方は引越しで疲れやすいのでご参考いただければと思います。

 

引越しの荷造りに疲れる

引越しで最も疲れると言っても過言ではないのが荷造りです。

部屋に物が多い人は特にそうですが、荷造りするだけで大変という方も多いです。

 

荷造りで疲れる場合には、やる気がある時にやるだけで大丈夫です。

 

というのも、部屋の荷造りは手を付け始めたら荷造りが進んでいくのですが、やはり荷物の量が多いと疲れてきて根気を失いやすく、やる気がない状態で行ってもただただ時間が過ぎてしまう場合が多いです。

そのような場合、時間がもったいない上にだらだらしてしまうので、体力も奪われて疲れるので、マイナス効果しか生まれません。

 

時間がない場合にもできればやる気がある時に一気に荷造りを進めていき、疲れた場合にはしっかりと休むというメリハリをつけて行った方が疲れを感じにくいです。

 

引越し準備でうつ病になる

実は引越しと言っても引越し準備は大変で、うつ病になってしまう人もいます。

というのも、引越しはスケジュール管理が大切で、基本的に期限が付いているものなので、スケジュール通り行うことができなければその分ストレスにもなって焦る人が多いです。

 

引越し日が近づくにつれて理想と現実の準備状態の差にストレスを感じ、期限に追われる様子からうつ病になってしまう人が多く、そのような引越し関係でのうつ病になる人の事を「引越しうつ」といいます。

 

引越しうつを回避するためには心のゆとりが大切となりますので、スケジュールを組む段階でも無理のないスケジュールを組んで実行していく必要があります。

 

引越しの荷造りとストレス

引越しの荷造り時には意外とストレスが溜まりやすいです。

荷造りする時には部屋の荷物が多い共に、普段とは違う慣れていない作業なので思っている通りには進みにくく、ストレスを感じやすいです。

 

ストレス発散できる場合には自分のストレス発散法を実施していただけたらと思いますが、ストレス発散法がわからない場合には荷造りの際は複数の人数でやるのがおすすめです。

 

というのも、複数の人数で荷造りをやることによって荷造りのスピードが上がると共に、会話をしながら荷造りが行えるので、気持ちの面では非常に楽です。

荷造りをしている際に思い出の品を見つけたら思い出話にも華が咲きやすいので、荷造りのストレスには感じにくいです。

 

しかし、喧嘩をしてしまっては元も子もないので、思い出に華を咲かせるのは良いですが、喧嘩にはならないようにしましょう。

 

さらに、複数で荷造りが行えない方にはできれば自分の好きな音楽などをかけるのがおすすめです。

できればリラックス効果のある曲をかけるのが好ましいですが、自分の好きな曲だとモチベーションの維持もしやすいので、ストレスも無音空間で行うよりかは断然ストレスを感じにくいです。

 

荷造りは大変なのでストレスを減らすためにも、荷造りが終わった後にはお風呂に浸かったりし、体を休めてリラックスするとストレスを減らすことが可能です。

 

引越し後の疲れがとれない

引っ越し準備の際にも疲れを感じてしまいやすいですが、引越し後にもうつになる場合や、疲れが取れない、体調不良になる場合があります。

次は引越し後の疲れが取れない状態についてご紹介していきます。

 

引越し後に体調不良

引越し後では体調を崩す人が多いのですが、これはやはり新しい地に慣れていないのと、ストレスによるものが大きいとされています。

普段住んでいた生活を新しいリズムに変えると、新しい地で頑張りたいという気持ちと不安を感じる気持ちが存在します。

SPONSORED LINK

 

不安な気持ちが大きい場合、無理をして生活をしていくと自然と体調を崩してしまいやすく、体調不良になることが多いのでできれば不安を感じている場合は素直に周りの人に相談するのが理想的です。

少しでも不安を聞いてもらうだけでもストレスになりにくいので、心のケアにはなりやすいです。

 

引越し後の疲れとうつ病

引越し後の疲れと共に、うつ病になることも多いです。

このうつ病の場合もやはりストレスが大きく関係しており、荷解きをするのが大変な場合や、新しい地での近所付き合いなどによって疲れを感じることがよくあります。

 

特に引越し後のうつは女性になりやすく、最近では減ってはきていますが近所付き合いをしないといけない状況だと、主婦などはかなり気を遣わないといけないので大変です。

引越し後の疲れでうつ病になってしまった場合は心が疲れ切っている場合が多いので、少し大人しくしていても大丈夫だと思います。

 

引越し後は最初が大事と言われることが多いですが、一通り挨拶したら大人しく家で過ごすと気疲れを起こしにくいです。

ゆっくり気持ちが落ち着いて体が馴染んだ後でも近所との関係は気づけるので、急いで頑張る必要はないかと思います。

 

引越し後の疲れと風邪

引越し後の疲れから意外と風邪になってしまうことが多く、熱を出してしまう人が多いです。

これは風邪っぽい状態だとわかる人が多いのですが、引越し後には新しい地で頑張ろうと気合が入りすぎてしまい、自分の体調に気づきにくい状態で過ごしていると風にいつの間にかなっている状態になりやすいです。

 

特に引越し後の風邪は女性よりも男性がなりやすく、引越し後に風邪を引いた場合は自分が無理し過ぎている証拠でもあります。

体が披露を感じているサインでもありますので、風邪を引いてしまった場合にはしっかりと体を休めるようにしましょう。

 

引越し後落ち着くまで

引越し後はやはり新しい環境と合って馴染むには時間がかかります。

ストレスにもなりやすいですし、疲れも感じやすいので無理をしないのが一番の心のケアに繋がります。

 

新居に慣れるまで

新居に慣れるまではやはり時間が必要だと思いますが、ストレスを感じないためにもできれば自分の趣味や落ち着く場所を作っておくのがおすすめです。

 

普段住み慣れた場所だと生活しているだけではストレスになりにくいですが、新しい新居だと何かと上手くいかず、ストレスを感じる人も多いです。

 

その場合の逃げ道ではないですが、自分の心のケアも大切なので自分の好きな空間を作っておくと、疲れた状態やストレスがたまった時にその場所に行くと落ち着く人が多いです。

 

引越しが慣れてから徐々に部屋を変化させるのでもいいと思いますので、引越し後に落ち着くスペースを作っておくのがうつにもなりにくい方法とされています。

 

引越し疲れの解消方法

引越しの疲れの解消方法と言えば、やはり自分の好きなことをするのがおすすめです。

趣味がある人は趣味を一杯やるとストレス発散にもなりますし、趣味がない場合には物理的な意味でも温泉に行くと体の疲れが少しでも取れる場合が多いです。

 

さらに、荷造りを頑張ると体が疲れていることが多いので、アロママッサージや整体に行くのもおすすめです。

引越しは心も体も重労働であることが多いので、心のケアや肉体の疲れを取るのが引越し疲れを起こしにくい解消法と言えます。

【楽天:アロマポッド】

「まとめ」

引越し後の疲れについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

引越しは大変な作業で疲れることが多いです。

新しい引越し先で慣れない人も多いので、アロマポットがある人などは自分の好きな香りをつけておくと疲れも感じにくいので、おすすめですよ。

見積もりランキング

見積もりランキング

お部屋探し

お部屋探し
引越し見積もりサイトはここで決まり!

-引っ越しの雑学

Copyright© 家族の引越しNAVI , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.