引っ越し準備

雨の日の引越しを自分でする対策は?冷蔵庫の運び方や軽トラの対策は

投稿日:

引越しの際はできれば晴れの日に行いたいですよね。

雨の日だと気分も沈んでしまう可能性もありますし、雨だとトラックにまで運ぶ際や、トラックから部屋に運ぶ際に雨に濡れてしまう可能性があります。

さらに雨の影響によって家電も濡れて壊れてしまう可能性があるので、極力雨は避けたいものです。

 

しかし、相手はあくまでも天候なので、回避するのは難しいです。

そこで、雨の日は実際にどのように対策をしたら円滑に引越しが出来るのかをご紹介していきたいと思います。

 

雨の日の引越しを自分でする対策

自分で引越しをする場合は先ほども少し触れましたが、雨の日には防水対策を行わないといけません。

防水対策といっても、家から家具家電をトラックまでに運ぶ程度距離と、トラックから新しい引越し先に運ぶまでの間が濡れるだけと思っても大丈夫です。

この距離を防水できて、的確な家電の運び方を行えば全く問題なく引越しさせることが可能です。

 

雨の対策を行いたい場合にはわずかな距離ですが、しっかりと防水対策を行うのが最大の対策と言えます。

雨といっても大振りから小振りまであると思いますが、小振りでも湿気で家電が傷む可能性もあるので、しっかりと防水対策を行っておくのが吉と言えます。

 

雨の日の引越し軽トラはどう対策する

雨の日の引越しの場合、軽トラで運ぶ場合はできればブルーシートなどを持っておくのが好ましいと言えます。

軽トラでも運ぶ際には雨でぬれる可能性が十分にあり、さらに衝撃もかなりあります。

 

そのため、できれば軽トラでの荷物を運ぶ場合は荷物が移動しにくいように固定し、上からブルーシートをしっかりと被せて風でも入らないように縛っておくとしっかりとした対策だと言えます。

できれば軽トラで運ぶ場合にはタオルも一緒に積んでおき、濡れた部分があればすぐに服などの対応ができればなお好ましいです。

 

さらに、引越しを行う際に気をつけるべきものが家具家電以外では衣類です。

衣類は意外と油断してしまいやすく、軽トラでも油断してしまいやすいです。

衣類が雨に濡れてしまうと、カビの原因にもなりますので、軽トラで運ぶ場合にも極力雨に濡れないような中心部に衣類の荷物を置くのが好ましいです。

 

引越し雨の日冷蔵庫の運び方

雨の日に引越しをする場合、気をつけるべき家電はやはり冷蔵庫です。

テレビの運搬も気をつけないといけないのですが、テレビと比べて冷蔵庫の方がさらに運びにくく、大変だと思います。

 

雨の日に冷蔵庫を運ぶ場合にはやはり極力雨に濡らしたくないので、大きなビニール袋を被せておくのが好ましいです。

大きめのビニール袋はホームセンターなどに行けば販売されていることも多いので、冷蔵庫が覆い被るようなビニール袋を用意するのが好ましいです。

 

ただ、気を付けていただきたいのがビニール袋を被せたからといっても油断は禁物です。

ビニール袋をかぶせた上で、自力で運ぶ場合はさらにブルーシートをかぶせ、濡れたら水気を取れるようにタオルを用意しましょう。

 

引越しが雨降りの縁起はいい?悪い?

荷物を運ぶ人にとっては雨に濡れてしまう危険があるので、ものすごく嫌だと感じる人が多く、引越し当日が雨の日の場合は気分が落ち込んでしまう人も多いと思います。

しかし、実は雨の日の引越しは縁起が良いとされているのです。

というのも、雨の日は幸運が降りこんでくるという謂れがあります。

 

そのため、雨の日は家具や家電が濡れてしまうのですが、これから幸運が部屋に舞い降りてくる知らせでもあるので、良いように考えるようにしましょう。

SPONSORED LINK

幸運が降りこんでくるのはたくさんでも大丈夫ですが、少量の雨でも幸運が降りこんでくるとも言われています。

 

アーク引越センター雨の日の対応

アーク引越センターは雨の日でもしっかりと対応してくれるようです。

やはり毎日が晴れではないため、アーク引越センターでもこの対応は慣れているようです。

 

雨の日はできればしっかりと梱包し、アーク引越センターのスタッフの人も雨が濡れないような梱包を手伝ってくれるようです。

 

しかし、雨といっても台風などの移動が難しい場合には再度打ち合わせを行って日程変更になる可能性もあるので、台風の動きには注意するようにしましょう。

 

アリさんマークの引越社雨の日の対応

アリさんマークの引越社では雨の日の場合でもしっかりと作業を行ってくれるようです。

やはり雨の日は家電も濡れてしまう危険性もありますが、雨で手元や足元がすべる危険性があるので大変です。

そのため、アリさんマークの引越社では、作業開始前であれば日程の変更を無料で行ってくれます。

 

普段引越し業者でも日程の変更、キャンセルを行うと、キャンセル料を取られる可能性もありますので、この点においてはアリさんマークの引越社はかなり良心的と言えます。

 

ただ、他の引越し業者は雨の日の対応では濡れないように一緒にスタッフが対応してくれる点を記述しているのですが、アリさんマークの引越社はそのような記述がないので、気になる方は確認してみるのが好ましいです。

 

サカイ引越センター雨の日の対応

サカイ引越センターでは雨の日でも経験が多いので、しっかりと一緒に雨の日の梱包を手伝ってくれるようです。

梅雨時期などの対応や、ゲリラ豪雨での作業経験も何度もあるようなので、雨の日でも安心して引越し作業を行ってくれるようです。

 

サカイ引越センターでは雨の日でもしっかりとした対応もすることから、その点も含めて選んでほしいという記述もしているので、サカイ引越センターでは雨の日の作業にも自信があるようです。

 

サカイ引越センターでも当日から二日前であればキャンセル料が発生しないようなので、天気予報のチェックはしっかりと行うと問題なさそうです。

 

ハート引越センター雨の日の対応

ハート引越センターでも雨の日の対応はしっかりとしてくれるようです。

ハート引越センターも他の引越し業者と同様の手続を行ってくれるようです。

 

しかし、口コミにもあったのですが、ハート引越センターでもスタッフが深甚な場合もあり、不慣れな可能性も十分にありますので、ブルーシートなどを用意しておくと時間が押されずに作業を進めることができそうです。

 

このような大手の引越し業者以外でも引越しは可能ですが、引越し業者によっては雨の日にキャンセルをしてしまうとキャンセル料金が発生してしまう所もあるようです。

 

そのため、引越し費用はそれでなくてもかなりの金額になりますので、引越しの際には当日の天気予報に注意しながら用意を進めていくと問題が起きにくいです。

 

ただ、国土交通省による約款が存在し、どこの引越し業者、運搬業者でも引越しの2日前までに申し出を行えばキャンセル料が発生しなくて済むことを決められているので、当日は雨の日なので事前にキャンセルや日程の延期を行えば問題なく引越しが行えると思います。

 

「まとめ」

引越し時の雨についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

雨の日は荷物を運ぶので通常時に比べるとさらに大変さが上がってしまうのですが、引越し業者側では雨の日だからといって断ってくる可能性は少ないようです。

 

しかし、家庭に荷物でも濡らしたくない物や精密機械などもあると思いますので、引越し業者に頼らずに自分で雨の日対策を行っておくのが最も正しい雨の日対策の引っ越し準備と言えます。

雨は天候なのでイレギュラーが生じる場合もあるので、細心の注意を払い、事前準備をしっかり行うようにしましょう。

見積もりランキング

見積もりランキング

お部屋探し

お部屋探し
引越し見積もりサイトはここで決まり!

-引っ越し準備

Copyright© 家族の引越しNAVI , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.