引っ越し準備

引越しの時に愛する猫の移動手段や注意点は?引っ越し後に慣れるまで

投稿日:

引越しと言えば、長距離の場合や短距離での引越しがありますよね。

人生の中でも数回しかない大変な人生のイベントですが、手続きや荷造りと色々な事をしないといけないので大変な場合が多いです。

引越しではストレスや疲れによって鬱になる人もいる程なので、引越しは慎重に行わないといけません。

 

しかし、人間でも十分ストレスを感じてしまいやすい引越しですが、動物はさらに移動に敏感でストレスが寄りかかりやすいと思います。

自分の家族でもある犬や猫を連れて引越しをする人もいますがどのようにしたらいいのか分からない人が多いと言われています。

そこで、家族の一員である猫の引越しについてご紹介したいと思います。

 

猫の引越し移動手段

猫は他の動物の中でも特に自分のテリトリーを大切にする動物で、引越しをする雰囲気を感じ取って自然と動揺してしまうような動物とされています。

そのため、少しの変化でも猫にとってはかなりの負担になってしまいやすく、最悪の場合猫についてしっかり考えてあげてないと病気になってしまう可能性もあります。

 

猫を新しい引越し先へ運んであげる移動手段として挙げられるのが、次の手段があります。

○専門業者

○新幹線

○乗用車

○電車

○飛行機

このような5つの手段があります。

 

移動手段にはそれぞれメリット・デメリットが存在します。

次は実際に移動手段別のメリットとデメリットについてご紹介します。

 

猫の引越し業者

猫の引越し業者で有名な業者は「ワンニャンキャブ」や「HKペットタクシー」などが有名です。

猫の引越し業者のデメリットとしてよく挙げられるのが、費用が高いという所で、乗用車や飛行機と比べるとやはり値段は高いものとなっています。

 

しかし最大のメリットとして挙げられるのが、やはりプロのペット引越し業者とあって、家族の一員である猫が安心して新しい住所に引越しができるので、猫にストレスを極力かけたくない人が利用する人が多いとされています。

 

猫の引越しに新幹線

猫の引越しでは新幹線も利用することが可能です。

新幹線のメリットと言えば、車とは違って速いスピードで引越しが可能です。

 

しかし、新幹線での移動する場合のデメリットは猫が車酔いしてしまう可能性がある事です。

やはり猫も車酔いしてしまうので、万が一に備えて準備は怠らないようにしましょう。

新幹線で運ぶ場合には、猫の全身が入るハードケースが必要となっています。

【楽天:ペットキャリーケース】

猫の引越しに長距離を車だと

猫と一緒に引っ越しをする方法として挙げられる方法には長距離の車も存在します。

車の場合、メリットはやはり一緒に引越しができるので、猫が安心して一緒に引っ越しができやすいとなっています。

 

しかし、デメリットとして大きく挙げられるのが、長距離での引越しの場合、人が車酔いしてしまうように、猫も車酔いしてしまう可能性が高いです。

猫が車酔いした時は人と同じように吐いてしまうことが多いので、注意しましょう。

 

さらに、車酔いした状態を長く続けてしまうと、吐く場合も多いのですが、病気になってしまう可能性もあります。

そのため、長距離で一緒に車で引っ越しを行う場合には、ルート上に動物病院がある場所をチェックしておくと猫に万が一のことあった場合に対応することが可能です。

猫も大切な家族だと思いますので、動物病院のチェックをしておくと安心して引越しができやすいです。

 

猫の引越しに電車

猫の引越しで電車も可能です。

電車の場合も新幹線と同様で、全身が入るハードケースに入れる必要があります。

SPONSORED LINK

 

電車での大きなデメリットとされているのがトイレ、食事、鳴き声問題で、ハードケースから出してあげることが出来ないので、車酔いしてしまった場合には大変です。

対応できるような準備をしてあげておくといいでしょう。

 

電車でのメリットはやはり車と比べて早く着くので、猫が車酔いしてしまう時間が短いです。

さらに、猫は手回り品として1匹あたり280円で連れ込むことができるので、費用も比較安く抑えやすいです。

 

猫を飛行機に機内持ち込みできる?

猫を飛行機でも引越しをさせてあげることが可能です。

しかし、機内に持ち込むのは不可能です。

飛行機で猫の引越しができる人は知らない人が多いのですが、国内ならば3000円から6000円で可能とされています。

申し込み方法としては予定の航空会社に予約を行い、カウンターにて登録をします。

 

この際に、猫は別の負担の少ない部屋に通されるので、安心してフライトを楽しんでいただけたらと思います。

飛行機のメリットとしては短時間で移動できるので、猫には負担がかかりにくいです。

 

デメリットとしては離れて移動しないといけないため、飼い主は不安になってしまいやすいです。

お漏らししないように、ペットシートを持参するようにしましょう。

 

猫が引越し後に慣れるまで

猫が引越し後に慣れるまでは時間がかかってしまいやすいです。

最初にもご紹介しましたが、猫はテリトリーを大切にする動物です。

そのため、自分のテリトリーができていない間は不安を感じてしまいやすく、落ち着きがない事が多いです。

 

慣れるまで時間がかかってしまいやすいですが、引越し前に猫が好きな物があればそれを使って寝床や隠れ場所を作ってあげると、新しい場所に馴染んでくれやすいです。

 

猫が引越し後にご飯を食べない

猫が引越し後にご飯を食べない場合はまだ引越しのストレスが抜けてなく、落ち着きがない場合が多いです。

ご飯を食べるのはやはり安心した時に食べることが多いので、引越した後にご飯を食べない間は無理して食べさせないようにさせましょう。

長期間ご飯を食べない場合には病気になっている可能性もあるので、動物病院に連れて行って診てもらうと間違いないです。

 

猫が引越し後にトイレしない

猫が引越し後にトイレをしない場合には、まだ自分のテリトリーを確保できていない可能性が高いです。

理想としては前回猫が自分のいつもの場所でトイレした状態を綺麗にしてあげるのではなく、そのままの状態を残して新しい住所に設置してあげるとトイレをしてくれやすいです。

 

というのも、やはり自分がしたおしっこによって自分のテリトリーを把握しやすく、新しい場所でも落ち着いてトイレをしてくれる可能性が高いです。

そのため、引越しがわかったら当日にできるだけおしっこを残した状態でトイレを移動させてあげるようにしましょう。

 

猫が引越し後に元気ない

猫が引越し後に元気がない状態が続いてしまうと、ストレスが強く感じている場合が多いです。

やはり猫は繊細な動物なので、慣れていない場所では不安を感じてしまいやすく元気がない状態が続く場合が多いです。

慣れたら元気を取り戻してくれやすいので、安心させてあげるようにしましょう。

 

猫が引越し後に亡くなった

猫が引越し後に亡くなっていた場合には病気になっていた可能性が高いです。

人間でも引っ越しは大変なうえ、新しい地で生活がなれず、ストレスを感じて鬱になってしまう人も多いです。

これは猫も同様で、うつにはならないにしても病気になってしまい、最悪なくなってしまう可能性が高いとされています。

そのため、異変を感じた場合には猫を動物病院へ一度連れて行ってあげるようにしましょう。

 

猫が引越し後に夜泣き・よく鳴く

猫が引越し後に夜泣きや頻繁に泣いてしまう場合は、不安を感じている状態であることが多いです。

猫はやはり人間と同じように不安を感じてしまうと泣いて気づいてもらおうとし、合図することが多いです。

安心させてあげる必要があるので、猫の寝床を猫の好きなもので固めてあげると落ち着いてくれやすいです。

 

猫の引越し注意点

猫の引越しにおいて注意すべきことは準備を入念にすることです。

先ほどもご紹介したように、猫は不安を感じてしまいやすく、最悪の場合はなくなってしまうほど繊細です。

そのため不安を感じさせないような工夫や、ストレスを最小限に抑えてあげるのが、猫にとって負担が少ない引越しとなります。

様子がおかしい場合にはすぐさま動物病院へ連れて行ってあげましょう。

 

「まとめ」

猫の引越しについてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

猫は人以上に繊細な部分があり、言葉では意思が伝えられないので、家族の人が気づいてあげる必要があります。

しっかりと猫を見てあげると変化にも気づきやすいので、無理のない引越しをしてあげるようにしましょう。

見積もりランキング

見積もりランキング

お部屋探し

お部屋探し
引越し見積もりサイトはここで決まり!

-引っ越し準備

Copyright© 家族の引越しNAVI , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.